2010年4月アーカイブ

つきましては、下記のとおりご案内いたしますので、ご検討をお願いします。

【地域力宣言2010 in 池袋東武】
 ○開催期日:平成22年7月1日(木)~7月6日(火) 6日間
 ○申込締切日:平成22年5月24日(月)
 ○開催概要
 ○申込書:(PDFデータ)(Excelデータ)

【地域力宣言2010 in 上海】
 ○開催期日:上海万博日本館ステージPR/平成22年9月6日(月)~9月9日(木)
         物産展/平成22年9月9日(木)~9月20日(月)
 ○申込締切日:平成22年5月26日(水)
 ○開催概要
 ○申込書:(PDFデータ)(Excelデータ)

<問い合わせ先>
 地域力宣言2010事務局
  〒104-0061 東京都中央区銀座8-16-1-508
  TEL:03-6226-0544/FAX:03-6226-0545
  E-mail:info@local-power.jp

つきましては、下記のとおりご案内いたしますので、ご検討をお願いします。

【地域力宣言2010 in 池袋東武】
 ○開催期日:平成22年7月1日(木)~7月6日(火) 6日間
 ○申込締切日:平成22年5月24日(月)
 ○開催概要
 ○申込書:(PDFデータ)(Excelデータ)

【地域力宣言2010 in 上海】
 ○開催期日:上海万博日本館ステージPR/平成22年9月6日(月)~9月9日(木)
         物産展/平成22年9月9日(木)~9月20日(月)
 ○申込締切日:平成22年5月26日(水)
 ○開催概要
 ○申込書:(PDFデータ)(Excelデータ)

<問い合わせ先>
 地域力宣言2010事務局
  〒104-0061 東京都中央区銀座8-16-1-508
  TEL:03-6226-0544/FAX:03-6226-0545
  E-mail:info@local-power.jp


   2010年4月30日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

元気な商業者グループ支援補助金は、市内小売商業を牽引する先進的、意欲的な個店グループが取組む地域商業活性化チャレンジ事業に対し、支援を講ずることで、地域の小売商業、商店街等の活性化を図るものです。

【補助対象者】
 市内中小業者の小売商業者5者以上で構成する団体、グループ

【対象補助事業】
 ①基本型 (補助率 1/3)
   市地域資源を活用して消費拡大及び地域商業の活性化を図る事業
 ②連携型 (補助率 1/2)
   基本型に地域団体、農業生産者、製造業者、学生、NPO団体等、小売商業者以外の者が参画する
   ことで、事業に付加価値が加わり、目的が効果的に発揮される事業
 ③社会課題対応型 (補助率 2/3)
   基本型・連携型に、地域の高齢化、少子化、安全・安心、低炭素社会等の社会課題への取り組みを
   行い、目的に地域コミュニティ機能が付加される事業

【補助対象経費】
 ①講師、研究員等外部専門家の謝金、旅費
 ②商品開発費
 ③会議費、会場借料(家賃は除く)、報告書等作成費、資料作成費、通信運搬費、集計分析費、
  広告宣伝費、消耗品費、機器借上料、借損料、雑役務費(アルバイト)等の事業経費
 ④委託費(事業そのものの委託は除く)

【補助金申請締切】  5月21日(金) 

【交付決定について】
 外部専門家を含めた審査会において、書類審査と申請者からの事業説明により交付の決定を行います。
 審査会日程については別途お知らせします。

詳細はこちらからご覧下さい。

【お問合せ】  越前市産業環境部 商工政策課
         TEL 0778-22-3047  FAX 0778-22-5167

元気な商業者グループ支援補助金は、市内小売商業を牽引する先進的、意欲的な個店グループが取組む地域商業活性化チャレンジ事業に対し、支援を講ずることで、地域の小売商業、商店街等の活性化を図るものです。

【補助対象者】
 市内中小業者の小売商業者5者以上で構成する団体、グループ

【対象補助事業】
 ①基本型 (補助率 1/3)
   市地域資源を活用して消費拡大及び地域商業の活性化を図る事業
 ②連携型 (補助率 1/2)
   基本型に地域団体、農業生産者、製造業者、学生、NPO団体等、小売商業者以外の者が参画する
   ことで、事業に付加価値が加わり、目的が効果的に発揮される事業
 ③社会課題対応型 (補助率 2/3)
   基本型・連携型に、地域の高齢化、少子化、安全・安心、低炭素社会等の社会課題への取り組みを
   行い、目的に地域コミュニティ機能が付加される事業

【補助対象経費】
 ①講師、研究員等外部専門家の謝金、旅費
 ②商品開発費
 ③会議費、会場借料(家賃は除く)、報告書等作成費、資料作成費、通信運搬費、集計分析費、
  広告宣伝費、消耗品費、機器借上料、借損料、雑役務費(アルバイト)等の事業経費
 ④委託費(事業そのものの委託は除く)

【補助金申請締切】  5月21日(金) 

【交付決定について】
 外部専門家を含めた審査会において、書類審査と申請者からの事業説明により交付の決定を行います。
 審査会日程については別途お知らせします。

詳細はこちらからご覧下さい。

【お問合せ】  越前市産業環境部 商工政策課
         TEL 0778-22-3047  FAX 0778-22-5167


   2010年4月27日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

   2010年4月15日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

北陸三県縦断ビジネスチャンス創出プロジェクト 第3回 かなざわ商談会

【商談会の概要】

商  談  日平成22年8月4日(水)~6日(金)
参加申込受付平成22年4月16日(金)~6月11日(金)
商 談 会 場石川県地場産業振興センター 新館1F コンベンションホール(金沢市鞍月2-1)
参 加 資 格北陸三県の商工会議所・商工会の会員
 ※会員でない場合でも、入会手続きを行っていただければ、即参加申込みできます。
料    金無料 (参加申込から商談まで一切費用はかかりません)
お申込み・お問合せ

参加申込書に必要事項を記入の上 FAX またはメールにてお申し込み下さい。

事務局/金沢商工会議所 中小企業相談所 専門指導課
TEL 076-263-1157 FAX 076-263-1158
mail:shoudan@kanazawa-cci.or.jp       金沢商工会議所ホームページ


 主催/金沢商工会議所
 共催/小松・七尾・輪島・加賀・珠洲・白山商工会議所、石川県内各商工会、石川県商工会連合会
      富山県内商工会議所・商工会、福井県内商工会議所・商工会


北陸三県縦断ビジネスチャンス創出プロジェクトとは
 石川・福井・富山の商工会議所・商工会が連携して行う完全事前予約型の商談会です。
 エントリー(無料)して頂ければ、他のエントリー企業との商談のチャンスをご提供します。
 業種や業態、規模などに関わらず、北陸三県いずれかの各商工会議所・商工会の会員であれば
 参加できます。 石川県会場の開催を皮切りに、福井・富山の会場でも順次開催致します。
   (ふくいビジネス商談会:平成22年11月頃、とやまビジネス商談会:平成23年3月頃開催)

参加メリット
 ・ビジネスチャンスもネットワークも拡大!
 ・効率良く、効果的な営業活動ができる!
 ・会いたい事業所の担当者と直接話ができる!
 ・新製品開発や販売面での協力者が探せる!
 ・刺激的な商談の中で新たな強みが見えてくる!
 ・農業、漁業、林業関係との連携のきっかけができる!

その他、詳細はこちらからご覧下さい。

尚、パンフレット・申込書は武生商工会議所にもご用意しておりますので、ご利用下さい。

北陸三県縦断ビジネスチャンス創出プロジェクト 第3回 かなざわ商談会

【商談会の概要】

商  談  日平成22年8月4日(水)~6日(金)
参加申込受付平成22年4月16日(金)~6月11日(金)
商 談 会 場石川県地場産業振興センター 新館1F コンベンションホール(金沢市鞍月2-1)
参 加 資 格北陸三県の商工会議所・商工会の会員
 ※会員でない場合でも、入会手続きを行っていただければ、即参加申込みできます。
料    金無料 (参加申込から商談まで一切費用はかかりません)
お申込み・お問合せ

参加申込書に必要事項を記入の上 FAX またはメールにてお申し込み下さい。

事務局/金沢商工会議所 中小企業相談所 専門指導課
TEL 076-263-1157 FAX 076-263-1158
mail:shoudan@kanazawa-cci.or.jp       金沢商工会議所ホームページ


 主催/金沢商工会議所
 共催/小松・七尾・輪島・加賀・珠洲・白山商工会議所、石川県内各商工会、石川県商工会連合会
      富山県内商工会議所・商工会、福井県内商工会議所・商工会


北陸三県縦断ビジネスチャンス創出プロジェクトとは
 石川・福井・富山の商工会議所・商工会が連携して行う完全事前予約型の商談会です。
 エントリー(無料)して頂ければ、他のエントリー企業との商談のチャンスをご提供します。
 業種や業態、規模などに関わらず、北陸三県いずれかの各商工会議所・商工会の会員であれば
 参加できます。 石川県会場の開催を皮切りに、福井・富山の会場でも順次開催致します。
   (ふくいビジネス商談会:平成22年11月頃、とやまビジネス商談会:平成23年3月頃開催)

参加メリット
 ・ビジネスチャンスもネットワークも拡大!
 ・効率良く、効果的な営業活動ができる!
 ・会いたい事業所の担当者と直接話ができる!
 ・新製品開発や販売面での協力者が探せる!
 ・刺激的な商談の中で新たな強みが見えてくる!
 ・農業、漁業、林業関係との連携のきっかけができる!

その他、詳細はこちらからご覧下さい。

尚、パンフレット・申込書は武生商工会議所にもご用意しておりますので、ご利用下さい。


   2010年4月15日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

 <マル経金利(平成22年4月14日(水)より)>

   年1.85% → 年1.95%


   2010年4月14日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

対象の 「シピィ商品券」 は以下の2種類です。

cipy.jpg


【受付期間 平成22年4月12日(月)~6月11日(金)】


1.福井財務事務所での受付
 還付の申請書に必要事項を記入し、「シピィ商品券」、印鑑を持参の上、福井財務事務所理財課まで
 お越しください。
 受付は午前9時から午後5時まで行っております(土・日曜日及び祝日を除く)。

2.出張受付
 下記の日時越前市市民ホールにおいて、出張受付を行います。

  出張受付日  平成22年5月30日(日)~31日(月)
  受付時間    午前10時~午後5時
  受付場所    越前市生涯学習センター市民ホール 2階 第3会議室 (市役所 北側)
            〒915-0071 越前市府中1丁目13-15

※注意※
 ●受付期間内に申出がないときは、還付手続きから排斥されます。
 ●本人以外の方が申出される場合は、委任状が必要となりますので、事前にお問合せください。
 ●還付金額は、発行保証金の範囲内であり、法令により還付を受ける方々の負担となる官報公示
  費用や郵送代を差し引いた金額となりますので、申出金額未満となります。
 ●ポイントカードやお買い物券は、還付手続きの対象になりません。

<申出・問い合わせ先>
北陸財務局福井財務事務所 理財課 TEL 0776-25-8231
〒910-8519 福井市宝永2丁目4番10号
【HPアドレス】http://www.mof-hokuriku.go.jp/fukui/index.html

対象の 「シピィ商品券」 は以下の2種類です。

cipy.jpg


【受付期間 平成22年4月12日(月)~6月11日(金)】


1.福井財務事務所での受付
 還付の申請書に必要事項を記入し、「シピィ商品券」、印鑑を持参の上、福井財務事務所理財課まで
 お越しください。
 受付は午前9時から午後5時まで行っております(土・日曜日及び祝日を除く)。

2.出張受付
 下記の日時越前市市民ホールにおいて、出張受付を行います。

  出張受付日  平成22年5月30日(日)~31日(月)
  受付時間    午前10時~午後5時
  受付場所    越前市生涯学習センター市民ホール 2階 第3会議室 (市役所 北側)
            〒915-0071 越前市府中1丁目13-15

※注意※
 ●受付期間内に申出がないときは、還付手続きから排斥されます。
 ●本人以外の方が申出される場合は、委任状が必要となりますので、事前にお問合せください。
 ●還付金額は、発行保証金の範囲内であり、法令により還付を受ける方々の負担となる官報公示
  費用や郵送代を差し引いた金額となりますので、申出金額未満となります。
 ●ポイントカードやお買い物券は、還付手続きの対象になりません。

<申出・問い合わせ先>
北陸財務局福井財務事務所 理財課 TEL 0776-25-8231
〒910-8519 福井市宝永2丁目4番10号
【HPアドレス】http://www.mof-hokuriku.go.jp/fukui/index.html


   2010年4月12日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

● 「食」 は福井県を中心とした農畜水産物や加工食品などを、来場される県内外のバイヤーの方や
 一般の方にご紹介します。出展者同士でも情報交換をする中で新たな可能性を生み出します!
● 「エコ」 にはecology (環境にいい) とeconomy (経済) の意味があります。環境と経済はどちらも大事。
 生産者から飲食業の方まで皆様が取組めるエコについてご提案いたします!
 名称のやさしい・・・は、この 「エコ」 から付けました。
●当日は公的機関や学術機関、そして福邦銀行が窓口を開設し、販路開拓や新商品、新事業、技術的、
 資金的な相談を受付けます!

【 日 時 】  2010年6月9日(水) 10:00~16:00
【 会 場 】  福井県産業会館2号館
【 主 催 】  福邦銀行          【 共 催 】  福邦クラブ
【募集小間】  80小間 (予定)
【募集期間】  2010年4月23日(金)まで
          ※応募多数の場合、4月23日以前に募集を締切ることがあります。
          ※出展いただく事業者様とその展示ブースの利用や配置につきましては
           応募者の中から主催者が決定させていただきます。

【申込方法】  所定の申込書に必要事項を記入の上、福邦銀行法人営業部または各本支店宛にお申込下さい。
          福邦クラブ会員様は福邦クラブ事務局にお申込いただいても結構です。

【お問合せ】  福邦銀行 法人営業部  TEL.0776-21-3630

参加案内パンフレット・出展申込書は福邦銀行ホームページからもダウンロードできます。
また、武生商工会議所にもご用意していますので、ご利用下さい。
 

● 「食」 は福井県を中心とした農畜水産物や加工食品などを、来場される県内外のバイヤーの方や
 一般の方にご紹介します。出展者同士でも情報交換をする中で新たな可能性を生み出します!
● 「エコ」 にはecology (環境にいい) とeconomy (経済) の意味があります。環境と経済はどちらも大事。
 生産者から飲食業の方まで皆様が取組めるエコについてご提案いたします!
 名称のやさしい・・・は、この 「エコ」 から付けました。
●当日は公的機関や学術機関、そして福邦銀行が窓口を開設し、販路開拓や新商品、新事業、技術的、
 資金的な相談を受付けます!

【 日 時 】  2010年6月9日(水) 10:00~16:00
【 会 場 】  福井県産業会館2号館
【 主 催 】  福邦銀行          【 共 催 】  福邦クラブ
【募集小間】  80小間 (予定)
【募集期間】  2010年4月23日(金)まで
          ※応募多数の場合、4月23日以前に募集を締切ることがあります。
          ※出展いただく事業者様とその展示ブースの利用や配置につきましては
           応募者の中から主催者が決定させていただきます。

【申込方法】  所定の申込書に必要事項を記入の上、福邦銀行法人営業部または各本支店宛にお申込下さい。
          福邦クラブ会員様は福邦クラブ事務局にお申込いただいても結構です。

【お問合せ】  福邦銀行 法人営業部  TEL.0776-21-3630

参加案内パンフレット・出展申込書は福邦銀行ホームページからもダウンロードできます。
また、武生商工会議所にもご用意していますので、ご利用下さい。
 


   2010年4月 8日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

平成22年度事業計画

 

―基本方針―

昨年の我国の経済は、100年に一度と言われる全世界を巻き込んだ経済危機により、輸出・生産が急激に落ち込み、かつてない不況に見舞われました。こうした 状況の中で、春先以降の各国の財政出動などにより、景気は第一四半期を底に回復基調に向かいましたが、民需の自立的回復力はなお弱く、失業率が高水準にあ るなど依然として厳しい状況にあります。


一方、県内の景気動向は、厳しい中にも持ち直しつつ あります。具体的には、企業の設備投資は減少見込み、住宅建設は対前年比減、鉱工業生産は持ち直しの動きが見られるという状況にあります。しかしながら、 企業倒産件数は増加しており、雇用情勢も非常に厳しい状況が続く中で、さらにデフレ圧力も大きく、福井県全体としては引き続き景気回復感に乏しく、依然と して厳しい状況が続いていると言えます。


越前市におきましても、雇用問題や有力企業の経営破綻など地域特有の問題を孕んでおり、経済環境は悪化しています。特に、雇用情勢はかつて県内トップを誇っていた有効求人倍率が、この不況の影響により県下最低になっているのが現状であります。


このような状況の中で、私ども武生商工会議所は丹南の地域総合経済団体として変化に即応した事業に取り組んでいかなければなりません。


先の見通しが不透明であるからこそ、地域経済と社会を支える私どもの果たすべき役割と責任は重要なものになっております。


本年度の事業計画につきましては、昨年度から提唱しております「CHANGE」(変革)、「CHANCE」(好機)、「CHALLENGE」(挑戦)の三 「C」運動の推進による中小・小規模事業者への支援活動を基本として、以下の重点事項を中心に積極的に各事業に取り組んでまいります。

 

― 本年度の重点事項 ―

Ⅰ.三「C」運動の推進による「考動」する会議所としての中小・小規模事業者への
   支援指導体制の強化

Ⅱ.越前市のまちづくりグランドデザインの提言
 
Ⅲ.越前市の商業・サービス業の秩序ある発展・育成

Ⅳ.個人消費喚起事業による地域経済の活性化

Ⅴ.丹南の地域資源の活用連携による産業活性化
       及び観光の振興
 
Ⅵ.会議所の組織基盤強化・財政基盤の安定化



― 個別事業項目 ―

   ※☆は重点事業


1.経営環境の厳しい中での地域経済対策の強化

☆①三「C」運動の推進による中小・小規模事業者への支援、指導の充実

 

・「CHANGE」~経営環境の変化へ迅速に対応するため、企業の変革、改革への支援

 

・「CHANCE」~新分野進出、進路開拓、技術開発等不況の中でチャンスを見出そうとする企業への支援

 

・「CHALLENGE」~チェンジ、チャンスにより不況に果敢に挑戦する企業への支援

 

以上三「C」運動の推進により、日々変化する経済情勢を的確に把握し、「考動」する会議所として地域経済の活性化に取組む

 

②政府の経済政策が迅速に地域経済に効果的に反映され、最大の効果を上げるため行政機関と連携し

、支援、指導体制の強化を図る
 

 

☆③越前市との緊密な連携により、商工会議所独自の地域経済対策を実施できる体制を構築する

 

④地域景況調査を実施し、地域の景気状況をリアルタイムに把握し、必要な対策を迅速に実施する

 

☆⑤秩序ある商業・サービス業発展のため越前市と連携してショッピングタウン対策を提言実施する




2.提言・意見活動の積極的な展開

☆①越前市の将来を見据えた、「まちづくりグランドデザイン」の提言

 

☆②北陸新幹線福井→敦賀間の早急な工事認可と「南越駅」着工及び敦賀→大阪間のルート決定に向けての、関係機関と連携した要望活動の実施

 

③人口減少社会、少子高齢化社会に対応できる持続可能な地域社会実現に向けての提言

 

④効率的な行政運営に対する越前市への提言要望

 

⑤企業立地促進による地域経済活性化の実現

 

☆⑥経済的転換期にある地域中小・小規模事業者に対する支援強化対策の提言

 

⑦「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」のまちづくりに向けた取り組みと提言活動の実施




3.越前市のまちづくりと中心市街地活性化への取り組み

①将来のまちづくりのあり方を示した「まちづくりグランドデザイン」の策定(再括)

 

☆②「越前市中心市街地活性化協議会」による中心市街地活性化基本計画事業の推進

 

③駅前分室の機能充実によるまちづくり会社への支援強化

 

④「フラワーズ」「へそもり」など越前市を舞台にした映画の公開に合わせたイベントの実施

 

⑤「結を紡ぐまち計画」「B級グルメコンセプトメーク」等によるまちおこしの推進

 

⑥「まちなか商店街元気再生計画」への支援

 

⑦空き家・空き店舗情報発信事業及び中心市街地等空店舗活用支援事業の実施

 

☆⑧壱の市、参の市、タンス町屋台まつり等まちなかイベントによるまちなか観光事業、賑い創出事業の支援

 

⑨若手商店街人材育成支援事業の実施

 

⑩まちづくりお助けスタッフ配置事業によるまちづくり、商業の活性化




4.地域経済活性化のための各種施策の強化

①「越前市産業支援ネットワーク(ENIS)」を活用した、行政及び関係団体との連携による地場企業支援

 

②農商工連携、地域資源活用による新分野へのチャレンジ事業者に対する総合サポート体制の強化

 

③スマイリーカード事業の推進強化及び独自の地域通貨の発行などを視野に入れた、個人消費の喚起を促し、地域における消費の底支えを図る

 

☆④個人消費喚起事業による地域経済の活性化

 

⑤大手誘致企業との情報交換交流会実施による地域資源の有効活用と促進

 

⑥中小・小規模事業者の創業、技術開発、新分野進出等に対する支援指導の強化

 

⑦異業種交流、産学官連携による「丹南交流プラザ」の開催

 

☆⑧「JAPANブランド確立支援事業」による越前打ち刃物の海外への販路開拓

 

⑨一店逸品運動による事業者の販売促進の支援

 

☆⑩丹南産業フェア2010の開催による丹南の広域的産業の紹介

 

⑪越前市商工会との事業連携による地域経済活性化の推進




5.丹南の地域資源活用・連携への取り組み

☆①たけふ菊人形の大胆な見直しによる資源価値のアップ対策の実施

 

☆②たけふ菊人形60周年に向け、市等関係機関と連携した記念事業への取組み

 

③越前市を丹南地域のゲートウェイと位置づけした、丹南地域の歴史、文化、伝統、工芸、食などを活用した観光振興策の充実

 

☆④「もてなし観光」の実現と市民の意識改革のための仕組みづくり

 

⑤武生観光協会との連携による越前市の観光情報の全国発信

 

⑥福井鉄道福武線の活用による観光振興に関する調査、研究

 

⑦越前伝統工芸連携協議会への支援協力




6.人材育成及び雇用対策と従業員福利厚生への支援

☆①ジョブ・カード制度活用推進事業の実施

 

②後継者の「経営者になるための教育」を目的とした実践社長塾の開催

 

③丹南雇用開発協議会との連携による就職支援情報サイトCOMPASSを活用した地元企業への若年労働者雇用の確保

 

☆④各種資格取得セミナー、各種検定試験の実施及び自己啓発のための研修会、講習会の開催

 

⑤新入社員、中堅社員、管理職、営業マンなど職種、職制別セミナーの開催

 

⑥webを活用した経営革新塾の開催

 

⑦外国人研修生受入れ事業の実施

 

⑧事業所健康診断の実施及びがん検診受診者拡大支援事業の実施

 

⑨労働保険事務取扱事業及び労働保険事務組合運営事業の実施

 

⑩労働保険、共済制度(小規模、倒産防止)への加入促進

 

☆⑪高齢者雇用継続事業の実施




7.情報化への対応

☆①「IT会計活用実践講座」の実施による小規模事業者に対する情報化支援 

 

②電子政府・電子商取引等に対応できる「ビジネス認証サービス」事業の実施

 

③会員に対する会議所メールマガジン配信のPRと拡充

 

④インターネット経由での各種ソフトのダウンロードによる活用(SaaS)に対する情報提供等支援

 

⑤e-Taxよろず相談所による電子申告の普及促進

 

☆⑥IT(インテルジェントテクニック)の推進による新しいビジネス創造への支援

 

⑦デジタルコンテンツ情報発信事業による中小・小規模事業者が必要とする情報のホームページ等での提供



8.小規模企業の支援と相談指導体制の拡充強化

☆①中小企業応援センター参画による中小・小規模事業者指導体制の強化

 

☆②「B-イノベーション越前」(経営革新)の企業認定及び支援

 

☆③経営指導員による巡回訪問・窓口相談指導の充実と経営店舗診断の推進強化

 

④専門相談員、アドバイザーによる個別、集団指導の実施

 

⑤法律、税務、融資、知的財産の各定例無料相談会の実施及び記帳並びに決算相談指導事業の実施

 

⑥企業、組合、団体等を対象とした「オーダーメイド講習会」「ケータリング講習会」の開催

 

⑦経営指導員の高い専門知識の習熟による専門的相談指導体制の確立

 

⑧マル経資金の利用促進と制度融資の相談斡旋

 

⑨創業、創業予定者に対する情報提供及び「ワンストップサービス」の充実による創業支援

 

⑩県認定等経営革新希望事業者に対するサポート支援

 

⑪青年部・女性会活動への支援

 

☆⑫会員事業所への一声訪問運動の実施による会員ニーズの把握とその対応




9.組織・財政・運営基盤の確立と会員ニーズの把握

☆①会員増強キャンペーンの実施による会員増強と会議所組織基盤の強化

 

②役員議員改選期を機会にした組織基盤の強化

 

③議員懇談会の開催など役員議員の会議所事業への参画意識の高揚

 

☆④部会、委員会活動の充実による会員ニーズの把握と積極的な要望提言活動の実施☆⑤商工会館別館建設による資産の有効活用

 

⑥商工会館利用促進のための広報活動と合理的、効率的な会館運営の実施

 

⑦会報「JP」の内容充実とCATVを活用した会議所事業の周知・広報の徹底

 

⑧各種共済(生命、火災、PL、所得保障等)の普及と加入促進

 

☆⑨厳しい経済情勢と構造的変革期に迅速に対応できる事務局体制の機能充実(職員の意識改革と成果主義の導入)

 

⑩業務見直しによる効率的な事務局運営(少数精鋭主義と職員数の適正化)

 

―基本方針―

昨年の我国の経済は、100年に一度と言われる全世界を巻き込んだ経済危機により、輸出・生産が急激に落ち込み、かつてない不況に見舞われました。こうした 状況の中で、春先以降の各国の財政出動などにより、景気は第一四半期を底に回復基調に向かいましたが、民需の自立的回復力はなお弱く、失業率が高水準にあ るなど依然として厳しい状況にあります。


一方、県内の景気動向は、厳しい中にも持ち直しつつ あります。具体的には、企業の設備投資は減少見込み、住宅建設は対前年比減、鉱工業生産は持ち直しの動きが見られるという状況にあります。しかしながら、 企業倒産件数は増加しており、雇用情勢も非常に厳しい状況が続く中で、さらにデフレ圧力も大きく、福井県全体としては引き続き景気回復感に乏しく、依然と して厳しい状況が続いていると言えます。


越前市におきましても、雇用問題や有力企業の経営破綻など地域特有の問題を孕んでおり、経済環境は悪化しています。特に、雇用情勢はかつて県内トップを誇っていた有効求人倍率が、この不況の影響により県下最低になっているのが現状であります。


このような状況の中で、私ども武生商工会議所は丹南の地域総合経済団体として変化に即応した事業に取り組んでいかなければなりません。


先の見通しが不透明であるからこそ、地域経済と社会を支える私どもの果たすべき役割と責任は重要なものになっております。


本年度の事業計画につきましては、昨年度から提唱しております「CHANGE」(変革)、「CHANCE」(好機)、「CHALLENGE」(挑戦)の三 「C」運動の推進による中小・小規模事業者への支援活動を基本として、以下の重点事項を中心に積極的に各事業に取り組んでまいります。

 

― 本年度の重点事項 ―

Ⅰ.三「C」運動の推進による「考動」する会議所としての中小・小規模事業者への
   支援指導体制の強化

Ⅱ.越前市のまちづくりグランドデザインの提言
 
Ⅲ.越前市の商業・サービス業の秩序ある発展・育成

Ⅳ.個人消費喚起事業による地域経済の活性化

Ⅴ.丹南の地域資源の活用連携による産業活性化
       及び観光の振興
 
Ⅵ.会議所の組織基盤強化・財政基盤の安定化



― 個別事業項目 ―

   ※☆は重点事業


1.経営環境の厳しい中での地域経済対策の強化

☆①三「C」運動の推進による中小・小規模事業者への支援、指導の充実

 

・「CHANGE」~経営環境の変化へ迅速に対応するため、企業の変革、改革への支援

 

・「CHANCE」~新分野進出、進路開拓、技術開発等不況の中でチャンスを見出そうとする企業への支援

 

・「CHALLENGE」~チェンジ、チャンスにより不況に果敢に挑戦する企業への支援

 

以上三「C」運動の推進により、日々変化する経済情勢を的確に把握し、「考動」する会議所として地域経済の活性化に取組む

 

②政府の経済政策が迅速に地域経済に効果的に反映され、最大の効果を上げるため行政機関と連携し

、支援、指導体制の強化を図る
 

 

☆③越前市との緊密な連携により、商工会議所独自の地域経済対策を実施できる体制を構築する

 

④地域景況調査を実施し、地域の景気状況をリアルタイムに把握し、必要な対策を迅速に実施する

 

☆⑤秩序ある商業・サービス業発展のため越前市と連携してショッピングタウン対策を提言実施する




2.提言・意見活動の積極的な展開

☆①越前市の将来を見据えた、「まちづくりグランドデザイン」の提言

 

☆②北陸新幹線福井→敦賀間の早急な工事認可と「南越駅」着工及び敦賀→大阪間のルート決定に向けての、関係機関と連携した要望活動の実施

 

③人口減少社会、少子高齢化社会に対応できる持続可能な地域社会実現に向けての提言

 

④効率的な行政運営に対する越前市への提言要望

 

⑤企業立地促進による地域経済活性化の実現

 

☆⑥経済的転換期にある地域中小・小規模事業者に対する支援強化対策の提言

 

⑦「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」のまちづくりに向けた取り組みと提言活動の実施




3.越前市のまちづくりと中心市街地活性化への取り組み

①将来のまちづくりのあり方を示した「まちづくりグランドデザイン」の策定(再括)

 

☆②「越前市中心市街地活性化協議会」による中心市街地活性化基本計画事業の推進

 

③駅前分室の機能充実によるまちづくり会社への支援強化

 

④「フラワーズ」「へそもり」など越前市を舞台にした映画の公開に合わせたイベントの実施

 

⑤「結を紡ぐまち計画」「B級グルメコンセプトメーク」等によるまちおこしの推進

 

⑥「まちなか商店街元気再生計画」への支援

 

⑦空き家・空き店舗情報発信事業及び中心市街地等空店舗活用支援事業の実施

 

☆⑧壱の市、参の市、タンス町屋台まつり等まちなかイベントによるまちなか観光事業、賑い創出事業の支援

 

⑨若手商店街人材育成支援事業の実施

 

⑩まちづくりお助けスタッフ配置事業によるまちづくり、商業の活性化




4.地域経済活性化のための各種施策の強化

①「越前市産業支援ネットワーク(ENIS)」を活用した、行政及び関係団体との連携による地場企業支援

 

②農商工連携、地域資源活用による新分野へのチャレンジ事業者に対する総合サポート体制の強化

 

③スマイリーカード事業の推進強化及び独自の地域通貨の発行などを視野に入れた、個人消費の喚起を促し、地域における消費の底支えを図る

 

☆④個人消費喚起事業による地域経済の活性化

 

⑤大手誘致企業との情報交換交流会実施による地域資源の有効活用と促進

 

⑥中小・小規模事業者の創業、技術開発、新分野進出等に対する支援指導の強化

 

⑦異業種交流、産学官連携による「丹南交流プラザ」の開催

 

☆⑧「JAPANブランド確立支援事業」による越前打ち刃物の海外への販路開拓

 

⑨一店逸品運動による事業者の販売促進の支援

 

☆⑩丹南産業フェア2010の開催による丹南の広域的産業の紹介

 

⑪越前市商工会との事業連携による地域経済活性化の推進




5.丹南の地域資源活用・連携への取り組み

☆①たけふ菊人形の大胆な見直しによる資源価値のアップ対策の実施

 

☆②たけふ菊人形60周年に向け、市等関係機関と連携した記念事業への取組み

 

③越前市を丹南地域のゲートウェイと位置づけした、丹南地域の歴史、文化、伝統、工芸、食などを活用した観光振興策の充実

 

☆④「もてなし観光」の実現と市民の意識改革のための仕組みづくり

 

⑤武生観光協会との連携による越前市の観光情報の全国発信

 

⑥福井鉄道福武線の活用による観光振興に関する調査、研究

 

⑦越前伝統工芸連携協議会への支援協力




6.人材育成及び雇用対策と従業員福利厚生への支援

☆①ジョブ・カード制度活用推進事業の実施

 

②後継者の「経営者になるための教育」を目的とした実践社長塾の開催

 

③丹南雇用開発協議会との連携による就職支援情報サイトCOMPASSを活用した地元企業への若年労働者雇用の確保

 

☆④各種資格取得セミナー、各種検定試験の実施及び自己啓発のための研修会、講習会の開催

 

⑤新入社員、中堅社員、管理職、営業マンなど職種、職制別セミナーの開催

 

⑥webを活用した経営革新塾の開催

 

⑦外国人研修生受入れ事業の実施

 

⑧事業所健康診断の実施及びがん検診受診者拡大支援事業の実施

 

⑨労働保険事務取扱事業及び労働保険事務組合運営事業の実施

 

⑩労働保険、共済制度(小規模、倒産防止)への加入促進

 

☆⑪高齢者雇用継続事業の実施




7.情報化への対応

☆①「IT会計活用実践講座」の実施による小規模事業者に対する情報化支援 

 

②電子政府・電子商取引等に対応できる「ビジネス認証サービス」事業の実施

 

③会員に対する会議所メールマガジン配信のPRと拡充

 

④インターネット経由での各種ソフトのダウンロードによる活用(SaaS)に対する情報提供等支援

 

⑤e-Taxよろず相談所による電子申告の普及促進

 

☆⑥IT(インテルジェントテクニック)の推進による新しいビジネス創造への支援

 

⑦デジタルコンテンツ情報発信事業による中小・小規模事業者が必要とする情報のホームページ等での提供



8.小規模企業の支援と相談指導体制の拡充強化

☆①中小企業応援センター参画による中小・小規模事業者指導体制の強化

 

☆②「B-イノベーション越前」(経営革新)の企業認定及び支援

 

☆③経営指導員による巡回訪問・窓口相談指導の充実と経営店舗診断の推進強化

 

④専門相談員、アドバイザーによる個別、集団指導の実施

 

⑤法律、税務、融資、知的財産の各定例無料相談会の実施及び記帳並びに決算相談指導事業の実施

 

⑥企業、組合、団体等を対象とした「オーダーメイド講習会」「ケータリング講習会」の開催

 

⑦経営指導員の高い専門知識の習熟による専門的相談指導体制の確立

 

⑧マル経資金の利用促進と制度融資の相談斡旋

 

⑨創業、創業予定者に対する情報提供及び「ワンストップサービス」の充実による創業支援

 

⑩県認定等経営革新希望事業者に対するサポート支援

 

⑪青年部・女性会活動への支援

 

☆⑫会員事業所への一声訪問運動の実施による会員ニーズの把握とその対応




9.組織・財政・運営基盤の確立と会員ニーズの把握

☆①会員増強キャンペーンの実施による会員増強と会議所組織基盤の強化

 

②役員議員改選期を機会にした組織基盤の強化

 

③議員懇談会の開催など役員議員の会議所事業への参画意識の高揚

 

☆④部会、委員会活動の充実による会員ニーズの把握と積極的な要望提言活動の実施☆⑤商工会館別館建設による資産の有効活用

 

⑥商工会館利用促進のための広報活動と合理的、効率的な会館運営の実施

 

⑦会報「JP」の内容充実とCATVを活用した会議所事業の周知・広報の徹底

 

⑧各種共済(生命、火災、PL、所得保障等)の普及と加入促進

 

☆⑨厳しい経済情勢と構造的変革期に迅速に対応できる事務局体制の機能充実(職員の意識改革と成果主義の導入)

 

⑩業務見直しによる効率的な事務局運営(少数精鋭主義と職員数の適正化)


   2010年4月 1日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所