2012年4月アーカイブ

5月3日は紫式部公園で 「式部とふじまつり」 を開催します♪

 

 fujimatsuri_02.jpg

 

毎年恒例、藤の香りが漂う青空の下での 「フリーマーケット」 で、掘り出し物がみつかるかも!

ヨーヨーつり、ボールすくいなどの 「縁日コーナー」 では、自分で楽しくわたがし作り体験ができます。

昨年もたくさんのちびっ子に喜んでもらえました☆

 

fujimatsuri_07.jpg  fujimatsuri_08.jpg

 

また、越前市華道茶道連盟より2流派がお手前を披露する 「野点コーナー」 では

青空の下、落ち着いた空間でお茶とお菓子をご賞味ください。

 

fujimatsuri_10.jpg

 

今年の 「平安時代行列」 は、「記念すべき思い出」をこのまつりに託した方々の参加がテーマです。

 

fujimatsuri_01.JPG

 

豪華絢爛な十二単や小桂、束帯などの平安装束は全て手作りで再現された、世界に唯一のものばかり。

約200m続く藤の花回廊をはじめとした平安朝式の庭園を優雅に歩き、「平安の舞」も披露します。

 

fujimatsuri_11.jpg

 

「大道芸人ショー」 も見ものです!

バルーンアート、ボールジャグリング、デビルスティック、ディアボロなどなど、次々繰出される技に加え、

日本でも珍しい大技綱乗りバランス芸を披露。

ハラハラドキドキのショーは、きっと子どもから大人まで引き込まれること間違いなし。

 

その他、2人ペアで参加して勝ち抜き戦で豪華景品が当たる 「雑学○×クイズ」 も実施。

誰でも参加OKなので、ぜひ参加・挑戦してみてください! (当日に事前受付必要)

 

当日は、たけふ菊人形の新しいマスコットキャラクター 「きくりん」 のほか、

あの NHK人気キャラクター 「どーもくん」 も来ます!

いつ頃現れるかはお楽しみに♪

 

【主催・お問い合わせ】

 武生観光協会  TEL 0778-23-2020 (武生商工会議所内)

5月3日は紫式部公園で 「式部とふじまつり」 を開催します♪

 

 fujimatsuri_02.jpg

 

毎年恒例、藤の香りが漂う青空の下での 「フリーマーケット」 で、掘り出し物がみつかるかも!

ヨーヨーつり、ボールすくいなどの 「縁日コーナー」 では、自分で楽しくわたがし作り体験ができます。

昨年もたくさんのちびっ子に喜んでもらえました☆

 

fujimatsuri_07.jpg  fujimatsuri_08.jpg

 

また、越前市華道茶道連盟より2流派がお手前を披露する 「野点コーナー」 では

青空の下、落ち着いた空間でお茶とお菓子をご賞味ください。

 

fujimatsuri_10.jpg

 

今年の 「平安時代行列」 は、「記念すべき思い出」をこのまつりに託した方々の参加がテーマです。

 

fujimatsuri_01.JPG

 

豪華絢爛な十二単や小桂、束帯などの平安装束は全て手作りで再現された、世界に唯一のものばかり。

約200m続く藤の花回廊をはじめとした平安朝式の庭園を優雅に歩き、「平安の舞」も披露します。

 

fujimatsuri_11.jpg

 

「大道芸人ショー」 も見ものです!

バルーンアート、ボールジャグリング、デビルスティック、ディアボロなどなど、次々繰出される技に加え、

日本でも珍しい大技綱乗りバランス芸を披露。

ハラハラドキドキのショーは、きっと子どもから大人まで引き込まれること間違いなし。

 

その他、2人ペアで参加して勝ち抜き戦で豪華景品が当たる 「雑学○×クイズ」 も実施。

誰でも参加OKなので、ぜひ参加・挑戦してみてください! (当日に事前受付必要)

 

当日は、たけふ菊人形の新しいマスコットキャラクター 「きくりん」 のほか、

あの NHK人気キャラクター 「どーもくん」 も来ます!

いつ頃現れるかはお楽しみに♪

 

【主催・お問い合わせ】

 武生観光協会  TEL 0778-23-2020 (武生商工会議所内)


   2012年4月19日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

4月1日より、従来の「JAN企業コード」から「GS1事業者コード」へ、名称が変更となりました。

 今回の変更は「JAN企業コード」の名称の変更のみです。JANコードの名称、利用方法、バーコードの印刷方法等については、従来どおりです。受付方法についても変更はありません。

 GS1(ジーエスワン)とは、世界約100カ国が加盟している国際的な流通標準化推進機関です。
 JAN企業コードは現在、JANコード(商品識別コード)としての利用のほか、GS1が国際標準としている他の識別コード、例えばGLN(事業所識別コード)等にも利用できます。また、JANコードの利用分野が拡大し、JAN企業コードの登録事業者が企業に限らず、個人、公共団体など多岐にわたるようになったため、「GS1事業者コード」へ名称を変更します。

なお、当面はコードの名称を「GS1事業者コード(JAN企業コード)」と併記いたします。

 【問い合わせ先】
 財団法人流通システム開発センター
 流通コードサービス部 JANコード担当
 TEL:03-5414-8511

4月1日より、従来の「JAN企業コード」から「GS1事業者コード」へ、名称が変更となりました。

 今回の変更は「JAN企業コード」の名称の変更のみです。JANコードの名称、利用方法、バーコードの印刷方法等については、従来どおりです。受付方法についても変更はありません。

 GS1(ジーエスワン)とは、世界約100カ国が加盟している国際的な流通標準化推進機関です。
 JAN企業コードは現在、JANコード(商品識別コード)としての利用のほか、GS1が国際標準としている他の識別コード、例えばGLN(事業所識別コード)等にも利用できます。また、JANコードの利用分野が拡大し、JAN企業コードの登録事業者が企業に限らず、個人、公共団体など多岐にわたるようになったため、「GS1事業者コード」へ名称を変更します。

なお、当面はコードの名称を「GS1事業者コード(JAN企業コード)」と併記いたします。

 【問い合わせ先】
 財団法人流通システム開発センター
 流通コードサービス部 JANコード担当
 TEL:03-5414-8511


   2012年4月 6日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

 調査は、地域支援活動の一環として、教育分野への支援・協力を実施し、「社会総がかりでの教育」の中核を担う各地商工会議所の取組みを把握するために実施しているもので、今回で4回目。調査期間は11月1日~11月30日。

 調査対象は全国の514商工会議所で回答数は385カ所(回答率:74.9%)。

 集計結果によると、233カ所の商工会議所が教育支援・協力活動を主体的に実施しており、実施率は6割(60.5%)を超え、商工会議所が中心となった社会総がかりでの教育支援・協力活動が根付き始めている。

 

集計結果は以下を参照。

 http://www.jcci.or.jp/kikaku/201203kyoiku/kekka.pdf

 調査は、地域支援活動の一環として、教育分野への支援・協力を実施し、「社会総がかりでの教育」の中核を担う各地商工会議所の取組みを把握するために実施しているもので、今回で4回目。調査期間は11月1日~11月30日。

 調査対象は全国の514商工会議所で回答数は385カ所(回答率:74.9%)。

 集計結果によると、233カ所の商工会議所が教育支援・協力活動を主体的に実施しており、実施率は6割(60.5%)を超え、商工会議所が中心となった社会総がかりでの教育支援・協力活動が根付き始めている。

 

集計結果は以下を参照。

 http://www.jcci.or.jp/kikaku/201203kyoiku/kekka.pdf


   2012年4月 2日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

 

 しかし、比較対象の前年同月(2011年3月)は東日本大震災直後で業況DIが落ち込んだ時期。実態は原油等の原材料価格の上昇・高止まりなどを背景に厳しい状況が続いている。

 


  先行きについては、先行き見通しDIが▲26.6(今月比▲2.7ポイント)と、悪化する見込み。第三次補正予算による復興需要の本格化への期待に加え、 海外経済の改善や超円高の是正により輸出等に緩やかな回復が見られるものの、取引先企業の海外移転による受注の減少、原油等の原材料価格の上昇・高止まり の長期化が予想されることから、先行きは慎重な判断となっている。


 項目別にみると、売上面では全産業合計の売上DIは▲13.0と、前月からマイナス幅は大幅に縮小した。産業別にみても全業種でマイナス幅は縮小している。


 採算面では、全産業合計の採算DIは▲22.0と、前月からマイナス幅が大幅に縮小。産業別にみても全業種でマイナス幅が縮小している。


 資金繰り面では、全産業合計の資金繰りDIは▲16.9と、前月からマイナス幅が縮小。産業別にみると、建設業は技能者不足による工期の遅れ、卸売業は円高是正による輸入などへの影響から資金繰りが悪化。その他の3業種は改善した。


 仕入価格面では、全産業合計の仕入単価DIは▲29.0と原油等の原材料価格の上昇・高止まりの影響により前月からマイナス幅が拡大。産業別にみても全業種でマイナス幅が拡大した。


 従業員面では、全産業合計の従業員DIは▲3.3と、前月からほぼ横ばい。産業別にみると、小売業はマイナス幅が拡大、サービス業は縮小したが、他の3業種はほぼ横ばいとなった。

 

詳細は、日商ホームページ(http://www.jcci.or.jp/lobo/lobo.html)を参照

 

 しかし、比較対象の前年同月(2011年3月)は東日本大震災直後で業況DIが落ち込んだ時期。実態は原油等の原材料価格の上昇・高止まりなどを背景に厳しい状況が続いている。

 


  先行きについては、先行き見通しDIが▲26.6(今月比▲2.7ポイント)と、悪化する見込み。第三次補正予算による復興需要の本格化への期待に加え、 海外経済の改善や超円高の是正により輸出等に緩やかな回復が見られるものの、取引先企業の海外移転による受注の減少、原油等の原材料価格の上昇・高止まり の長期化が予想されることから、先行きは慎重な判断となっている。


 項目別にみると、売上面では全産業合計の売上DIは▲13.0と、前月からマイナス幅は大幅に縮小した。産業別にみても全業種でマイナス幅は縮小している。


 採算面では、全産業合計の採算DIは▲22.0と、前月からマイナス幅が大幅に縮小。産業別にみても全業種でマイナス幅が縮小している。


 資金繰り面では、全産業合計の資金繰りDIは▲16.9と、前月からマイナス幅が縮小。産業別にみると、建設業は技能者不足による工期の遅れ、卸売業は円高是正による輸入などへの影響から資金繰りが悪化。その他の3業種は改善した。


 仕入価格面では、全産業合計の仕入単価DIは▲29.0と原油等の原材料価格の上昇・高止まりの影響により前月からマイナス幅が拡大。産業別にみても全業種でマイナス幅が拡大した。


 従業員面では、全産業合計の従業員DIは▲3.3と、前月からほぼ横ばい。産業別にみると、小売業はマイナス幅が拡大、サービス業は縮小したが、他の3業種はほぼ横ばいとなった。

 

詳細は、日商ホームページ(http://www.jcci.or.jp/lobo/lobo.html)を参照


   2012年4月 2日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所

平成24年度事業計画

 

- 基 本 方 針 -

 

 我が国経済は、昨年発生した大震災後の復興問題や原発事故によるエネルギー問題、さらには歴史的円高、長期化するデフレ問題等の影響により景気停滞感が一層強まるとともに先行き不透明感も増大し、一部復興需要は見込まれるものの、総じて厳しい環境が続いております。

  また、地域経済を支える地元中小企業にとりましても、長引く景気低迷の影響に加え、円高による産業空洞化問題や大型店問題等地域特有の問題も孕んでおり、極めて厳しい経営環境の中にあります。

 武生商工会議所では、こうした状況を踏まえ平成24年度は管内中小企業、特に小規模事業者に対する経営支援体制の強化を最重点目標とし、地域で頑張る企業を全力で応援するため「小規模企業応援プロジェクトチーム」を立上げ、創業起業、経営改善、改革に向けた取組み支援をはじめ次世代経営者育成など一体的サポート支援体制を構築し、積極的事業展開を図って参ります。

 また、本県ものづくりの中核都市として多様な産業が集積する本市産業の振興発展を目的として開催する
「丹南産業フェア」については、本市特性を最大限活かすとともに企業ニーズにも対応した価値あるフェア開催を目指します。

 まちづくりについては、最終年を迎える越前市中心市街地活性化基本計画に基づく着実な事業推進を図り、越前市の“顔”にふさわしい中心市街地、商店街の活性化を目指すとともに、これからのまちづくりの方向性を示した『越前市グランドデザイン』の実現に向けた活動のほか、北陸新幹線開業を見据えたまちづくり問題への対応、交流人口拡大のための地域振興イベントの積極展開など地域活性化に向け全力で取組んで参ります。

 さらに、企業が必要とする会員サービス事業の充実を図るとともに、本年度も『パワーアップ2000運動』を強力に推進し、組織基盤の安定強化により、地元会員企業の声を意見・要望活動に反映させて参ります。

 以上、武生商工会議所は地域の総合経済団体として“頼れる商工会議所”として存在価値を高め、地域経済の先導的役割を果たすべく以下の重点項目を中心に今年度事業取組んで参ります。 

 

 

 

- 平成24年度事業計画

               重点事業(新規)項目 -

 

 

 

 

Ⅰ 地元中小・小規模企業経営力強化

  向けた支援体制の充実強化 

 

 

 

1)“小規模企業応援プロジェクトチーム”の編成推進

(2)経営基盤強化に向けた金融・経営の一体的改善取組み支援

(3)戦力アップを図るための人材育成・能力開発支援事業の実施 

(4)経営革新、地域資源活用、農商工連携等新規事業展開への取組み支援

 (5)人材確保のための雇用支援及び労務対策支援事業の実施   

(6)創業、開業等事業円滑化のための“エンゼルサポート推進事業”等の実施

 

 

Ⅱ 賑わい(中心市街地活性化)と活力ある

  まちづくりの推進

 

 

 

(1)「越前市グランドデザイン」実現に向けた意見要望活動等の実施

(2)コンパクトシティを目指した中心市街地活性化事業の推進

(3)まちなか賑わい創出事業等まちづくり活動への参画支援 

(4)北陸新幹線着工に向けた新たなまちづくりに関する調査研究 

 

 

 

Ⅲ 産業・観光振興事業の実施による

  地域活性化の推進 

 

 

 

(1)越前市の特性を活かした産業振興発展のための「丹南産業フェア」の開催 

(2)地場産業、伝統産業等の販路開拓への取組み支援   

(3)「たけふ菊人形」等交流人口拡大に向けた観光振興事業の実施及び取組み支援

 

 

 

Ⅳ 会員サービス事業の充実と

  組織・財政基盤の強化 

 

 

 

(1)組織・財政基盤強化のため会員増強“パワーアップ2000運動”等積極展開 

(2)経営基盤強化のための“婚活事業“健康増進事業”の実施等による会員サービス

   の充実 

(3)武生商工会議所利用者拡大に向けた広報“DVD”製作等による営業強化 

 

 

 

 

- 平成24年度事業計画

                 個別事業項目 -

 

 

 

 

Ⅰ 地元中小・小規模企業経営力強化に

  向けた支援体制の充実強化   

 

 

 

 経営基盤の弱い中小・小規模企業の経営安定に向けた取組みや経営安定化のための資金繰り確保、また地域資源活用や農商工連携、経営革新、改革に取組む企業経営力に向けた取組みへの支援体制の充実強化を図る。

 

 

(1)“小規模企業応援プロジェクトチーム編成推進”

  

 

   (1)小規模企業経営力強化支援を目的として“小規模企業応援プロジェクトチーム”を

    成し、経営課題解決に向けきめ細かいサポート支援を実施。
 

   ①「小規模企業に対しチーム編成による巡回ヒヤリングを実施し、各企業の経営課題の

    掘り起し及び課題解決に向けたサポート支援の実施。また、編成では各支援機関等と

    の連携により支援体制を強化(中小企業基盤整備機構、ふくい産業支援センター等)  

   

   ②小規模企業の様々な相談にネット等活用し対応する“ネットDEホットライン”設置

   

   ③様々な経営課題に対応し、課題解決に向けた経営支援事業「アドバイザーバンク制度

    (専門家派遣)」「ケータリング制度(オーダーメイド出前講習会)」「個別無料相談会

    (融資・税務・法律・司法書士)」「総合なんでも相談」の積極展開。

 

 

   ④経営革新計画「Bイノベーション越前」(武生商工会議所オリジナル認定制度)認定事

    業の積極推進及び認定サポート支援。

   

   ⑤小規模企業の経営課題(新事業展開・人材不足・事業承継・販路拡大・新製品開発・

    業効率化・売上不振等)解決に向けた各種研修会、講座会の実施。

   

   ⑥小規模企業の事業承継円滑化の為の後継者実態調査による現状把握及び後継者、後継

    候補がいる事業所への後継者育成、事業承継セミナー等の実施による事業承継支援。

 

   ⑦ヤル気ある小規模企業が進める新事業展開や経営改革等に対する徹底サポート支援。

 

   ⑧小規模企業の経営基盤強化のための支援制度の広報、普及 

   ・事業主の万が一の場合の「所得保障制度」への加入促進。
・製造物責任制度への対応企業向け保険制度「PL保険制度」への加入促進。
・個人情報保護法への対応企業向け保険制度「個人情報漏えい賠償責任保険制度」
への

    加入促進。

 

    (2)中小企業の経営課題解決に向けた取組み支援事業「中小企業支援ネットワーク強化事業」への

      参画による中小企業への支援体制の強化。

   

    (3)武生商工会議所「駅前分室」(まちづくりセンター内)の体制充実による小規模企業への支援強化。 

 

 

(2)経営基盤強化に向けた金融・経営の一体的改善取組み支援

 

 

     (1)資金繰り円滑化のためのマル経融資制度、各制度融資の有効活用及び経営改善計画作成

        等一体的取組みへの指導支援。

  

   (2)マル経融資に対する福井県及び越前市支援制度(利子補給)に関する活用促進のための広

        報周知。

  

   (3)資金繰り円滑化による経営安定を図るための「定例無料融資相談会」の実施。

  

   (4)資金需要の高まる年末資金確保のための「年末特別相談窓口」の設置。

  

   (5)中小企業の連鎖倒産を防止するための「経営セーフティー共催制度(倒産防止共催制

        度)」周知及び加入促進。

  

 

 (3)戦力アップを図るための人材育成・能力開発支援事業の実施

  

 

   (1)新入社員、中堅・幹部社員、経営社員、女性社員等企業の人材育成、能力開発を目的とした各

      種講習会、研修会等の実施。

    

   (2)企業人や学生等のスキルアップを目的とした各種検定事業(珠算・簿記・福祉住環境コ

    ーディネータ・環境社会検定(エコ検定)・日本語)の実施。

  

   (3)中小企業の新事業展開や新商品開発、事業承継円滑化等を目的とした講習会、研修会等

    の実施。

  

   (4)中小企業基盤整備機構等支援機関との連携による人材育成事業の積極開催。
 

 

 

(4)地域資源活用、経営革新、農商工連携、産学官連携等新事業展開への取組み支援

 

 

   (1)地域にある豊富な資源を活用し新たな事業展開を目指す企業の取組みに対するサポート

    支援。

  

   (2)新たな取組みにより経営革新を目指す企業の取組みに対するサポート支援。

  

   (3)農商工連携等6次産業による新たな事業展開を目指す企業の取組みに対するサポート支

    援。

  

   (4)異業種、産学官連携等の促進による商品開発や企業ブランド向上を目的とした「丹南交

    流プラザ」等の実施。

 

 

(5)人材確保のための雇用支援及び労務対策支援事業の実施    

 

  

     (1)地元中小企業の労働力確保、就業支援を目的とした企業と求職者のマッチングを促進す

    る「ジョブカード制度推進事業」の実施。

  

   (2)「丹南産業フェア」開催による雇用支援イベントの実施。

  

   (3)企業の福利厚生制度充実のための共済制度の加入促進のための広報周知。

   ①小規模事業者のための退職金制度「小規模企業共済制度」への加入促進。

     ②従業員等の事故・病気に備えた「さわやか共済制度」への加入促進。

     ③従業員の退職金準備のための「特定退職金共済制度」への加入促進。

     ④経営者等を対象とした経営安定化を目的とした各種保険への加入促進。

  

   (4)従業員等の健康増進を目的とした“事業所健康診断事業”の実施。

  

   (5)“外国人技能実習生受入れ事業”の実施による雇用確保支援。

  

   (6)労働保険加入に関する事務組合の運営並びに加入促進。  


 

 

(6)創業、開業等事業円滑化のための“エンジェルサポート推進事業”等の実施

  

 

   (1)円滑な事業計画の継続が難しい開業後数年が経過した小規模事業者を対象に、「支援

    ミ」「テーマ別課題解決ワーキング」「発表・交流会」等を行う“エンゼルサポート推

    進事業”の実施。

  

   (2)創業、開業を予定している小規模事業者に対し必要とする創業計画や資金計画等につい

    て「ワンストップサービス体制」による支援。

  

   (3) まちなか開業を目指す事業者への個別サポート並びに開業まもない事業者に対するフォロー

      アップ支援(武生商工会議所駅前分室)の強化。

  

   (4)まちなか開業を目指す事業者への支援制度(中心市街地等店舗活用支援事業等)の紹介及

    び申請サポート支援。


 

 

(7)企業情報化の推進並びに税務・労務対策新事業の実施 

  

 

   (1)小規模企業等の年末調整、決算・確定申告に対する「特別相談窓口」及び「決算指導

    室」の開設

  

   (2)電子申告(e-tax)の活用促進を図るための「e-taxよろず相談所」の開設。

  

   (3)小規模企業等の経営効率化を図るためのITを活用した「パソコン会計」導入等推進

    事業の実施。

  

   (4)ITを活用した経営改革に取組む中小企業へのサポート支援。

  

   (5)販路拡大等を目的とした自社のホームページ等の作成に関するサポート支援。

 

 

(8)中小企業対策・税制改正等に関する調査研究及び意見要望活動の実施

  

 

   (1)越前市が抱える当面の課題等について国や県等に対し意見・要望活動の実施。

  

   (2)地元中小企業の経営環境の改善や経営力の向上を図るための中小企業対策に関する意

    見、要望活動の実施。

  

   (3)中小企業の振興発展のための税制改正等に関する意見要望活動の実施。

 

 

(9)管内企業の現状把握のための各種調査の実施及び分析対応

  

 

   (1)会員企業の景況に関する定点調査を実施し、現状把握を行うとともに必要に応じた対

    応。

  

   (2)管内企業を対象に景況・経済動向等の調査(中小企業景況調査)を実施し、全国データ分

    析のもと地域中小企業への情報提供。

  

   (3)経済変動に関する影響調査や経営課題に関する実態調査等、必要に応じて管内企業の実

    態把握のための調査の実施。

  

   (4)商店街や個店の景況感に関する定点調査及び地域における“逸品”の発掘及び情報発信

    のための訪問調査(地域繁盛推進委員配置事業)の実施。

 

 

 

Ⅱ 賑わい(中心市街地活性化)活力ある

  まちづくりの推進

 

 

 

 最終年を迎える越前市中心市街地活性化基本計画の進捗状況を検証し、中心市街地活性化協議会を中心に官民一体となり中心市街地の活性化推進を図るとともに、越前市の将来のあるべき姿を示した「越前市グランドデザイン」の実現に向け積極的活動を展開し活力あるまちづくりの推進を図る。

 

 

(1)「越前市グランドデザイン」実現に向けた意見要望活動等の実施

 

 

   (1)越前市の歴史・文化・環境を共有の資本と捉え、新たな価値創造に繋がる環境産業や観

    光産業を育て、豊で魅力的なまちづくりに取組むことを基本コンセプトに一昨年提言を

    行った「越前市グランドデザイン」について引き続き提言実現に向けた取組みの実施。

   

   ①JR武生駅から総社間の街路空間が水と緑が感じられる「景観整備構想」 

   

   ②環境にやさしい地域づくり、環境産業創出を目指した「エコシティ構想」等

 

 

(2)コンパクトシティを目指した中心市街地活性化事業の推進

 

  

   (1) 中心市街地活性化基本計画に基づく「越前市中心市街地活性化協議会」活動による活性化事業の

      推進並びに意見活動等の実施。

  

   (2)武生商工会議所「駅前分室」機能強化による中心市街地活性化事業の推進。

 

   (3)まちなか開業の促進及び中心市街地「空き家」 「空き店舗」解消に向けた支援事業(中心市街地等空

      き店舗活用支援事業)への取組み。

  

   (4)商業活性化やまちづくり事業を推進し、商店街をはじめとする地域の繁盛を促進するた

    め専任の推進委員を配置する「地域繁盛推進委員配置事業」の実施。

  

   (5)魅力ある中心市街地、賑わいのある中心市街地を実現するため、逸品開発を通じて個店

    の経営力強化を目指す「一店逸品(運動)研究会」への運営サポート支援。

  

   (6)携帯アプリを活用し、GPS位置情報を利用して周辺スポット情報を来訪者や観光客に

    発信する“まちなかふらっと案内in越前”事業に関する調査研究。

   

   (7)中心市街地の各お客が講師となり、プロならではの専門的知識や情報を無料でお客様に

    提供する少人数制ゼミ「武生まちゼミ“得する街のゼミナール”」の実施。

 

 

(3)まちなか賑わい創出事業等まちづくり活動への参画支援 

 

  

   (1)まちなか賑わい創出事業「壱の市」「参の市」等、交流人口拡大に向けた取組みに対す

    る支援強力。

  

   (2)民間主導で実施されている「武生国際音楽祭」「武生源氏物語アカデミー」等の文化振

    興イベントに対する活動支援。

   

   (3)「越前市サマーフェスティバル」等まちなか賑わい創出事業への参画及び支援。

 

 

(4)北陸新幹線着工に向けた新たなまちづくりに関する調査研究

 

 

   (1)北陸新幹線敦賀延伸着工認可に伴う、仮称「南越駅」周辺環境整備、交通アクセス問題

    等に関する調査研究。

 

   (2)北陸新幹線敦賀延伸着工認可に伴う、JR在来線及び財源問題等に関する調査研究。

  

   (3)今年年度市が設置する「まちづくり懇話会」への参画。

 

 

 

Ⅲ 産業・観光振興事業の実施による

  地域活性化の推進

 

 

 

 伝統産業から先端産業まで多様なモノづくり企業が集積する越前市産業界を県内外へ大きくアピールするとともに越前市の地域資源を活用した観光振興事業の推進により交流人口の拡大を図り地域活性化を図る。

 

 

(1)越前市の特性を活かし、産業の振興発展を目的とした「丹南産業フェア」等のイベ

   ント開催 

  

 

   (1)地場の企業が一堂に会し、県内外に広くアピール紹介し販路拡大に結びつけるととも

    に、地元の逸品等を展示販売する「丹南産業フェア」を新規開催。

  

   (2)「絆を紡ぐまち」をテーマとした関連企業が連携し販売促進に繋げていく地域活性化事

    業への支援。

  

   (3)旧武生市出身で天皇の料理番としてその偉業が称えられる「秋山篤蔵」氏の人的資源を

    活用し、越前市の「食」ブランド創造及び独自の認定制度の創設を目指す取組みへの支

    援。

   


 

(2)観光振興事業による交流人口拡大に向けた各種イベントの実施及び支援

  

 

   (1)ものづくり企業の強みを引き出しブランド形成による販路拡大支援を目的とした「もの

    づくり企業販路開拓支援事業」の実施。

  

   (2)ものづくり企業の販路拡大支援を目的に実施する「東京えちぜん物語」事業への参加希

    望企業に対する自社ブランド確立のための支援事業の実施。

  

   (3)越前伝統工芸連携協議会による伝統産業活性化に向けた取組みの実施。

  

   (4)越前打刃物等伝統産業の国内外への販路開拓事業に対する取組み支援。

 

 

(3)「たけふ菊人形」等交流人口拡大に向けた観光振興事業の実施及び取組み支援

 

 

   (1)西日本最大の菊イベント「たけふ菊人形」(テーマ清盛と越前)事業開催による県内外か

    らの観光客誘致及びまちなか連携による交流人口拡大に向けた取組みの実施。

  

   (2)“もてなし観光”の実現に向けたホスピタリティ向上事業の実施及び支援。

  

   (3)福井鉄道福武線(北府駅リニューアルオープン)活用促進による地域活性化への取組み支

    援。

  

   (4)交流人口拡大に向けた「観光産業」への取組みに関する調査研究。

 

 

 

Ⅳ 会員サービス事業の充実と

  組織・財政基盤の強化

 

 

 

 厳しい経済環境の中で、中小小規模企業の減少は地域活力の低下に繋がることから、会議所業務強化により会議所会員へのサービス事業を充実し、併せて会員増強運動の積極展開により組織・財政基盤の強化を図る。

 

 

(1)組織・財政基盤強化のための会員増強“パワーアップ2000運動”等の積極展

   開

 

  

   (1)“パワーアップ2000運動”による会員増強の積極展開。

  

   (2)会議所事業活動及び会員メリットを広く管内企業、特に非会員事業所への周知徹底する

    ため、新規加入促進パンフレットの作製。

  

   (3)会議所活動の積極的推進を図るため役員会、議員懇談会、会員交流会等の開催。

  

   (4)6部会(商業部会・工業部会・建設業部会・交通運輸業部会・料飲環境部会・理財諸業

    部会)、5委員会(総務委員会・地域経済活性化委員会・JP委員会・会館管理運営委員

    会・小規模企業経営改善資金審査委員会)活動の充実による会員ニーズの把握、事業の

    積極展開。

  

   (5)職員の能力開発向上を目的とした実務研修会等への参加。

  

   (6)会議所財政基盤の安定化を図るための収益事業に関する調査研究及び既存収益事業の積

    極展開。

  

  

(2)経営基盤強化のための“婚活事業”“健康増進事業の実施等による会員サービス事

   業の充実

 

  

   (1)会員事業所を対象に、経営基盤の強化をもくてきとして「婚活事業」を実施し、管内企

    業の未婚男女の結婚支援。

  

   (2)会員事業所女性従業員を対象に、福利厚生の一環として女性特有のガンに関する検診

    「事業所出前検診」の実施。

  

   (3)会員事業所へのリアルタイム情報の提供、充実を図るため、会議所ホームページ、メー

    ルマガジン 月刊誌“JP”、丹南ケーブルテレビ「会議所だより」等の情報ツールの活用充実。

  

   (4)広報誌“JP”での会員事業所サービス“越前探券”クーポンの発行によるサービス提

    供事業所等の紹介PR。

 

 

(3)武生商工会館利用拡大に向け広報“DVD”製作等による営業強化

 

  

   (1)商工会館利用拡大に向け広報“DVD”の製作等による営業強化

  

   (2)商工会館の利便性をアピールし利用促進に繋げていくため、会議所ホームページやパン

    フレット、丹南ケーブルテレビを最大限活用した広報PRの強化。

  

   (3)商工会館利用促進を図るための会員事業所割引制度の積極PR。


 

 

 

- 基 本 方 針 -

 

 我が国経済は、昨年発生した大震災後の復興問題や原発事故によるエネルギー問題、さらには歴史的円高、長期化するデフレ問題等の影響により景気停滞感が一層強まるとともに先行き不透明感も増大し、一部復興需要は見込まれるものの、総じて厳しい環境が続いております。

  また、地域経済を支える地元中小企業にとりましても、長引く景気低迷の影響に加え、円高による産業空洞化問題や大型店問題等地域特有の問題も孕んでおり、極めて厳しい経営環境の中にあります。

 武生商工会議所では、こうした状況を踏まえ平成24年度は管内中小企業、特に小規模事業者に対する経営支援体制の強化を最重点目標とし、地域で頑張る企業を全力で応援するため「小規模企業応援プロジェクトチーム」を立上げ、創業起業、経営改善、改革に向けた取組み支援をはじめ次世代経営者育成など一体的サポート支援体制を構築し、積極的事業展開を図って参ります。

 また、本県ものづくりの中核都市として多様な産業が集積する本市産業の振興発展を目的として開催する
「丹南産業フェア」については、本市特性を最大限活かすとともに企業ニーズにも対応した価値あるフェア開催を目指します。

 まちづくりについては、最終年を迎える越前市中心市街地活性化基本計画に基づく着実な事業推進を図り、越前市の“顔”にふさわしい中心市街地、商店街の活性化を目指すとともに、これからのまちづくりの方向性を示した『越前市グランドデザイン』の実現に向けた活動のほか、北陸新幹線開業を見据えたまちづくり問題への対応、交流人口拡大のための地域振興イベントの積極展開など地域活性化に向け全力で取組んで参ります。

 さらに、企業が必要とする会員サービス事業の充実を図るとともに、本年度も『パワーアップ2000運動』を強力に推進し、組織基盤の安定強化により、地元会員企業の声を意見・要望活動に反映させて参ります。

 以上、武生商工会議所は地域の総合経済団体として“頼れる商工会議所”として存在価値を高め、地域経済の先導的役割を果たすべく以下の重点項目を中心に今年度事業取組んで参ります。 

 

 

 

- 平成24年度事業計画

               重点事業(新規)項目 -

 

 

 

 

Ⅰ 地元中小・小規模企業経営力強化

  向けた支援体制の充実強化 

 

 

 

1)“小規模企業応援プロジェクトチーム”の編成推進

(2)経営基盤強化に向けた金融・経営の一体的改善取組み支援

(3)戦力アップを図るための人材育成・能力開発支援事業の実施 

(4)経営革新、地域資源活用、農商工連携等新規事業展開への取組み支援

 (5)人材確保のための雇用支援及び労務対策支援事業の実施   

(6)創業、開業等事業円滑化のための“エンゼルサポート推進事業”等の実施

 

 

Ⅱ 賑わい(中心市街地活性化)と活力ある

  まちづくりの推進

 

 

 

(1)「越前市グランドデザイン」実現に向けた意見要望活動等の実施

(2)コンパクトシティを目指した中心市街地活性化事業の推進

(3)まちなか賑わい創出事業等まちづくり活動への参画支援 

(4)北陸新幹線着工に向けた新たなまちづくりに関する調査研究 

 

 

 

Ⅲ 産業・観光振興事業の実施による

  地域活性化の推進 

 

 

 

(1)越前市の特性を活かした産業振興発展のための「丹南産業フェア」の開催 

(2)地場産業、伝統産業等の販路開拓への取組み支援   

(3)「たけふ菊人形」等交流人口拡大に向けた観光振興事業の実施及び取組み支援

 

 

 

Ⅳ 会員サービス事業の充実と

  組織・財政基盤の強化 

 

 

 

(1)組織・財政基盤強化のため会員増強“パワーアップ2000運動”等積極展開 

(2)経営基盤強化のための“婚活事業“健康増進事業”の実施等による会員サービス

   の充実 

(3)武生商工会議所利用者拡大に向けた広報“DVD”製作等による営業強化 

 

 

 

 

- 平成24年度事業計画

                 個別事業項目 -

 

 

 

 

Ⅰ 地元中小・小規模企業経営力強化に

  向けた支援体制の充実強化   

 

 

 

 経営基盤の弱い中小・小規模企業の経営安定に向けた取組みや経営安定化のための資金繰り確保、また地域資源活用や農商工連携、経営革新、改革に取組む企業経営力に向けた取組みへの支援体制の充実強化を図る。

 

 

(1)“小規模企業応援プロジェクトチーム編成推進”

  

 

   (1)小規模企業経営力強化支援を目的として“小規模企業応援プロジェクトチーム”を

    成し、経営課題解決に向けきめ細かいサポート支援を実施。
 

   ①「小規模企業に対しチーム編成による巡回ヒヤリングを実施し、各企業の経営課題の

    掘り起し及び課題解決に向けたサポート支援の実施。また、編成では各支援機関等と

    の連携により支援体制を強化(中小企業基盤整備機構、ふくい産業支援センター等)  

   

   ②小規模企業の様々な相談にネット等活用し対応する“ネットDEホットライン”設置

   

   ③様々な経営課題に対応し、課題解決に向けた経営支援事業「アドバイザーバンク制度

    (専門家派遣)」「ケータリング制度(オーダーメイド出前講習会)」「個別無料相談会

    (融資・税務・法律・司法書士)」「総合なんでも相談」の積極展開。

 

 

   ④経営革新計画「Bイノベーション越前」(武生商工会議所オリジナル認定制度)認定事

    業の積極推進及び認定サポート支援。

   

   ⑤小規模企業の経営課題(新事業展開・人材不足・事業承継・販路拡大・新製品開発・

    業効率化・売上不振等)解決に向けた各種研修会、講座会の実施。

   

   ⑥小規模企業の事業承継円滑化の為の後継者実態調査による現状把握及び後継者、後継

    候補がいる事業所への後継者育成、事業承継セミナー等の実施による事業承継支援。

 

   ⑦ヤル気ある小規模企業が進める新事業展開や経営改革等に対する徹底サポート支援。

 

   ⑧小規模企業の経営基盤強化のための支援制度の広報、普及 

   ・事業主の万が一の場合の「所得保障制度」への加入促進。
・製造物責任制度への対応企業向け保険制度「PL保険制度」への加入促進。
・個人情報保護法への対応企業向け保険制度「個人情報漏えい賠償責任保険制度」
への

    加入促進。

 

    (2)中小企業の経営課題解決に向けた取組み支援事業「中小企業支援ネットワーク強化事業」への

      参画による中小企業への支援体制の強化。

   

    (3)武生商工会議所「駅前分室」(まちづくりセンター内)の体制充実による小規模企業への支援強化。 

 

 

(2)経営基盤強化に向けた金融・経営の一体的改善取組み支援

 

 

     (1)資金繰り円滑化のためのマル経融資制度、各制度融資の有効活用及び経営改善計画作成

        等一体的取組みへの指導支援。

  

   (2)マル経融資に対する福井県及び越前市支援制度(利子補給)に関する活用促進のための広

        報周知。

  

   (3)資金繰り円滑化による経営安定を図るための「定例無料融資相談会」の実施。

  

   (4)資金需要の高まる年末資金確保のための「年末特別相談窓口」の設置。

  

   (5)中小企業の連鎖倒産を防止するための「経営セーフティー共催制度(倒産防止共催制

        度)」周知及び加入促進。

  

 

 (3)戦力アップを図るための人材育成・能力開発支援事業の実施

  

 

   (1)新入社員、中堅・幹部社員、経営社員、女性社員等企業の人材育成、能力開発を目的とした各

      種講習会、研修会等の実施。

    

   (2)企業人や学生等のスキルアップを目的とした各種検定事業(珠算・簿記・福祉住環境コ

    ーディネータ・環境社会検定(エコ検定)・日本語)の実施。

  

   (3)中小企業の新事業展開や新商品開発、事業承継円滑化等を目的とした講習会、研修会等

    の実施。

  

   (4)中小企業基盤整備機構等支援機関との連携による人材育成事業の積極開催。
 

 

 

(4)地域資源活用、経営革新、農商工連携、産学官連携等新事業展開への取組み支援

 

 

   (1)地域にある豊富な資源を活用し新たな事業展開を目指す企業の取組みに対するサポート

    支援。

  

   (2)新たな取組みにより経営革新を目指す企業の取組みに対するサポート支援。

  

   (3)農商工連携等6次産業による新たな事業展開を目指す企業の取組みに対するサポート支

    援。

  

   (4)異業種、産学官連携等の促進による商品開発や企業ブランド向上を目的とした「丹南交

    流プラザ」等の実施。

 

 

(5)人材確保のための雇用支援及び労務対策支援事業の実施    

 

  

     (1)地元中小企業の労働力確保、就業支援を目的とした企業と求職者のマッチングを促進す

    る「ジョブカード制度推進事業」の実施。

  

   (2)「丹南産業フェア」開催による雇用支援イベントの実施。

  

   (3)企業の福利厚生制度充実のための共済制度の加入促進のための広報周知。

   ①小規模事業者のための退職金制度「小規模企業共済制度」への加入促進。

     ②従業員等の事故・病気に備えた「さわやか共済制度」への加入促進。

     ③従業員の退職金準備のための「特定退職金共済制度」への加入促進。

     ④経営者等を対象とした経営安定化を目的とした各種保険への加入促進。

  

   (4)従業員等の健康増進を目的とした“事業所健康診断事業”の実施。

  

   (5)“外国人技能実習生受入れ事業”の実施による雇用確保支援。

  

   (6)労働保険加入に関する事務組合の運営並びに加入促進。  


 

 

(6)創業、開業等事業円滑化のための“エンジェルサポート推進事業”等の実施

  

 

   (1)円滑な事業計画の継続が難しい開業後数年が経過した小規模事業者を対象に、「支援

    ミ」「テーマ別課題解決ワーキング」「発表・交流会」等を行う“エンゼルサポート推

    進事業”の実施。

  

   (2)創業、開業を予定している小規模事業者に対し必要とする創業計画や資金計画等につい

    て「ワンストップサービス体制」による支援。

  

   (3) まちなか開業を目指す事業者への個別サポート並びに開業まもない事業者に対するフォロー

      アップ支援(武生商工会議所駅前分室)の強化。

  

   (4)まちなか開業を目指す事業者への支援制度(中心市街地等店舗活用支援事業等)の紹介及

    び申請サポート支援。


 

 

(7)企業情報化の推進並びに税務・労務対策新事業の実施 

  

 

   (1)小規模企業等の年末調整、決算・確定申告に対する「特別相談窓口」及び「決算指導

    室」の開設

  

   (2)電子申告(e-tax)の活用促進を図るための「e-taxよろず相談所」の開設。

  

   (3)小規模企業等の経営効率化を図るためのITを活用した「パソコン会計」導入等推進

    事業の実施。

  

   (4)ITを活用した経営改革に取組む中小企業へのサポート支援。

  

   (5)販路拡大等を目的とした自社のホームページ等の作成に関するサポート支援。

 

 

(8)中小企業対策・税制改正等に関する調査研究及び意見要望活動の実施

  

 

   (1)越前市が抱える当面の課題等について国や県等に対し意見・要望活動の実施。

  

   (2)地元中小企業の経営環境の改善や経営力の向上を図るための中小企業対策に関する意

    見、要望活動の実施。

  

   (3)中小企業の振興発展のための税制改正等に関する意見要望活動の実施。

 

 

(9)管内企業の現状把握のための各種調査の実施及び分析対応

  

 

   (1)会員企業の景況に関する定点調査を実施し、現状把握を行うとともに必要に応じた対

    応。

  

   (2)管内企業を対象に景況・経済動向等の調査(中小企業景況調査)を実施し、全国データ分

    析のもと地域中小企業への情報提供。

  

   (3)経済変動に関する影響調査や経営課題に関する実態調査等、必要に応じて管内企業の実

    態把握のための調査の実施。

  

   (4)商店街や個店の景況感に関する定点調査及び地域における“逸品”の発掘及び情報発信

    のための訪問調査(地域繁盛推進委員配置事業)の実施。

 

 

 

Ⅱ 賑わい(中心市街地活性化)活力ある

  まちづくりの推進

 

 

 

 最終年を迎える越前市中心市街地活性化基本計画の進捗状況を検証し、中心市街地活性化協議会を中心に官民一体となり中心市街地の活性化推進を図るとともに、越前市の将来のあるべき姿を示した「越前市グランドデザイン」の実現に向け積極的活動を展開し活力あるまちづくりの推進を図る。

 

 

(1)「越前市グランドデザイン」実現に向けた意見要望活動等の実施

 

 

   (1)越前市の歴史・文化・環境を共有の資本と捉え、新たな価値創造に繋がる環境産業や観

    光産業を育て、豊で魅力的なまちづくりに取組むことを基本コンセプトに一昨年提言を

    行った「越前市グランドデザイン」について引き続き提言実現に向けた取組みの実施。

   

   ①JR武生駅から総社間の街路空間が水と緑が感じられる「景観整備構想」 

   

   ②環境にやさしい地域づくり、環境産業創出を目指した「エコシティ構想」等

 

 

(2)コンパクトシティを目指した中心市街地活性化事業の推進

 

  

   (1) 中心市街地活性化基本計画に基づく「越前市中心市街地活性化協議会」活動による活性化事業の

      推進並びに意見活動等の実施。

  

   (2)武生商工会議所「駅前分室」機能強化による中心市街地活性化事業の推進。

 

   (3)まちなか開業の促進及び中心市街地「空き家」 「空き店舗」解消に向けた支援事業(中心市街地等空

      き店舗活用支援事業)への取組み。

  

   (4)商業活性化やまちづくり事業を推進し、商店街をはじめとする地域の繁盛を促進するた

    め専任の推進委員を配置する「地域繁盛推進委員配置事業」の実施。

  

   (5)魅力ある中心市街地、賑わいのある中心市街地を実現するため、逸品開発を通じて個店

    の経営力強化を目指す「一店逸品(運動)研究会」への運営サポート支援。

  

   (6)携帯アプリを活用し、GPS位置情報を利用して周辺スポット情報を来訪者や観光客に

    発信する“まちなかふらっと案内in越前”事業に関する調査研究。

   

   (7)中心市街地の各お客が講師となり、プロならではの専門的知識や情報を無料でお客様に

    提供する少人数制ゼミ「武生まちゼミ“得する街のゼミナール”」の実施。

 

 

(3)まちなか賑わい創出事業等まちづくり活動への参画支援 

 

  

   (1)まちなか賑わい創出事業「壱の市」「参の市」等、交流人口拡大に向けた取組みに対す

    る支援強力。

  

   (2)民間主導で実施されている「武生国際音楽祭」「武生源氏物語アカデミー」等の文化振

    興イベントに対する活動支援。

   

   (3)「越前市サマーフェスティバル」等まちなか賑わい創出事業への参画及び支援。

 

 

(4)北陸新幹線着工に向けた新たなまちづくりに関する調査研究

 

 

   (1)北陸新幹線敦賀延伸着工認可に伴う、仮称「南越駅」周辺環境整備、交通アクセス問題

    等に関する調査研究。

 

   (2)北陸新幹線敦賀延伸着工認可に伴う、JR在来線及び財源問題等に関する調査研究。

  

   (3)今年年度市が設置する「まちづくり懇話会」への参画。

 

 

 

Ⅲ 産業・観光振興事業の実施による

  地域活性化の推進

 

 

 

 伝統産業から先端産業まで多様なモノづくり企業が集積する越前市産業界を県内外へ大きくアピールするとともに越前市の地域資源を活用した観光振興事業の推進により交流人口の拡大を図り地域活性化を図る。

 

 

(1)越前市の特性を活かし、産業の振興発展を目的とした「丹南産業フェア」等のイベ

   ント開催 

  

 

   (1)地場の企業が一堂に会し、県内外に広くアピール紹介し販路拡大に結びつけるととも

    に、地元の逸品等を展示販売する「丹南産業フェア」を新規開催。

  

   (2)「絆を紡ぐまち」をテーマとした関連企業が連携し販売促進に繋げていく地域活性化事

    業への支援。

  

   (3)旧武生市出身で天皇の料理番としてその偉業が称えられる「秋山篤蔵」氏の人的資源を

    活用し、越前市の「食」ブランド創造及び独自の認定制度の創設を目指す取組みへの支

    援。

   


 

(2)観光振興事業による交流人口拡大に向けた各種イベントの実施及び支援

  

 

   (1)ものづくり企業の強みを引き出しブランド形成による販路拡大支援を目的とした「もの

    づくり企業販路開拓支援事業」の実施。

  

   (2)ものづくり企業の販路拡大支援を目的に実施する「東京えちぜん物語」事業への参加希

    望企業に対する自社ブランド確立のための支援事業の実施。

  

   (3)越前伝統工芸連携協議会による伝統産業活性化に向けた取組みの実施。

  

   (4)越前打刃物等伝統産業の国内外への販路開拓事業に対する取組み支援。

 

 

(3)「たけふ菊人形」等交流人口拡大に向けた観光振興事業の実施及び取組み支援

 

 

   (1)西日本最大の菊イベント「たけふ菊人形」(テーマ清盛と越前)事業開催による県内外か

    らの観光客誘致及びまちなか連携による交流人口拡大に向けた取組みの実施。

  

   (2)“もてなし観光”の実現に向けたホスピタリティ向上事業の実施及び支援。

  

   (3)福井鉄道福武線(北府駅リニューアルオープン)活用促進による地域活性化への取組み支

    援。

  

   (4)交流人口拡大に向けた「観光産業」への取組みに関する調査研究。

 

 

 

Ⅳ 会員サービス事業の充実と

  組織・財政基盤の強化

 

 

 

 厳しい経済環境の中で、中小小規模企業の減少は地域活力の低下に繋がることから、会議所業務強化により会議所会員へのサービス事業を充実し、併せて会員増強運動の積極展開により組織・財政基盤の強化を図る。

 

 

(1)組織・財政基盤強化のための会員増強“パワーアップ2000運動”等の積極展

   開

 

  

   (1)“パワーアップ2000運動”による会員増強の積極展開。

  

   (2)会議所事業活動及び会員メリットを広く管内企業、特に非会員事業所への周知徹底する

    ため、新規加入促進パンフレットの作製。

  

   (3)会議所活動の積極的推進を図るため役員会、議員懇談会、会員交流会等の開催。

  

   (4)6部会(商業部会・工業部会・建設業部会・交通運輸業部会・料飲環境部会・理財諸業

    部会)、5委員会(総務委員会・地域経済活性化委員会・JP委員会・会館管理運営委員

    会・小規模企業経営改善資金審査委員会)活動の充実による会員ニーズの把握、事業の

    積極展開。

  

   (5)職員の能力開発向上を目的とした実務研修会等への参加。

  

   (6)会議所財政基盤の安定化を図るための収益事業に関する調査研究及び既存収益事業の積

    極展開。

  

  

(2)経営基盤強化のための“婚活事業”“健康増進事業の実施等による会員サービス事

   業の充実

 

  

   (1)会員事業所を対象に、経営基盤の強化をもくてきとして「婚活事業」を実施し、管内企

    業の未婚男女の結婚支援。

  

   (2)会員事業所女性従業員を対象に、福利厚生の一環として女性特有のガンに関する検診

    「事業所出前検診」の実施。

  

   (3)会員事業所へのリアルタイム情報の提供、充実を図るため、会議所ホームページ、メー

    ルマガジン 月刊誌“JP”、丹南ケーブルテレビ「会議所だより」等の情報ツールの活用充実。

  

   (4)広報誌“JP”での会員事業所サービス“越前探券”クーポンの発行によるサービス提

    供事業所等の紹介PR。

 

 

(3)武生商工会館利用拡大に向け広報“DVD”製作等による営業強化

 

  

   (1)商工会館利用拡大に向け広報“DVD”の製作等による営業強化

  

   (2)商工会館の利便性をアピールし利用促進に繋げていくため、会議所ホームページやパン

    フレット、丹南ケーブルテレビを最大限活用した広報PRの強化。

  

   (3)商工会館利用促進を図るための会員事業所割引制度の積極PR。


 

 


   2012年4月 1日 powered by 地域でがんばる企業をサポート!武生商工会議所