中小企業庁より

マル経や小規模企業共済の対象となる小規模企業の範囲が弾力化されました

2014年01月16日 10時31分

小規模企業の範囲を弾力化する政令が制定されました。


 
 
1.具体的内容
・これまで宿泊業及び娯楽業については、サービス業として、常時使用する従業員の数が5人以下の事業者を小規模企業としておりました。
 
・前通常国会にて成立した小規模企業活性化法において、小規模事業者支援法など3法の対象となる「小規模企業」について範囲の変更を政令で行うことができるよう措置しました。これを受けて、今般、3法の政令に宿泊業及び娯楽業を営む従業員20人以下の事業者を小規模企業として規定します。
 
・これにより、宿泊業や娯楽業を営む従業員6人以上20人以下の事業者は、新たに小規模事業者経営改善資金融資制度(マル経)(小規模事業者支援法)、特別小口保険制度(中小企業信用保険法)、小規模企業共済制度(小規模企業共済法)を利用できることとなります。
 
 
2.スケジュール
・公布:平成26年1月7日
・施行:小規模事業者支援法施行令:平成26年1月7日(公布即施行)
 中小企業信用保険法施行令:平成26年3月1日
 小規模企業共済法施行令 :平成26年4月1日
imghbr

imgtbr


  武生商工会館をご利用ください!

武生商工会館

 

[PR]

e-tax  

おうちで作成!ネットで申告!e-Taxを活用しよう
 

e-Taxへの申告及び申請・届出等の送信可能時間、電子納税の利用可能時間を確認