要チェック!

平成29年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」 公募開始!

2018年03月13日 18時00分

平成29年度補正予算公募情報をお知らせします。


小規模事業者持続化補助金

経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。

■計画の作成や販路開拓の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます。

小規模事業者が対象です。(※小規模事業者の定義

申請にあたっては、地域の商工会議所へ事業支援計画書(様式4)の作成・交付を依頼する必要があります。

なお、今回の追加公募では、小規模事業者の円滑な事業承継を後押しするため、代表者が60歳以上の場合は

「事業承継診断票」(地域の商工会議所が事業者に確認しながら作成・交付)を提出していただくとともに、後継者候補が中心となって取り組む事業について重点的に支援します。

申請にあたっては、地域の商工会議所へ「事業支援計画書(様式4)」(すべての事業者)、「事業承継診断票(様式6)」

(代表者が60歳以上のすべての事業者)の作成・交付を依頼する必要があります。

 

初回のご相談は「4/27(金)」までに、上記様式4,6の作成依頼は「5/11(金)」までにお願いします。

 

 

■概要
特設ウェブサイトに掲載する公募要領<一般型>をご確認ください。
http://h29.jizokukahojokin.info/index.php/sinseiyousiki/

 

■補助対象者
小規模事業者[商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号)第2条を準用]
 

卸売業・小売業 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

 

■対象となる事業
経営計画に基づき、商工会議所の支援を受けながら実施する販路開拓等のための事業

<対象となる取組みの例>
①広告宣伝 
②集客力を高めるための店舗改装
③商談会・展示会への出展
④商品パッケージや包装紙・ラッピングの変更

 

■補助対象経費
1.機械装置等費、2.広報費、3.展示会等出展費、4.旅費、5.開発費、6.資料購入費、7.雑役務費、8.借料、9.専門家謝金、10.専門家旅費、11.車両購入費(買い物弱者対策の場合のみ)、12.委託費、13.外注費

 

■補助率・補助額
補助率:補助対象経費の2/3以内
補助額:上限50万円(雇用の増加を伴う取組み、または買い物弱者対策に取組む事業者、あるいは海外展開に取組む事業者は上限100万円)
    ※複数の事業者が連携する場合には、上限は100万円~500万円です。

 

■詳細チラシ

チラシ JPG①.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チラシ JPG②.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問合せ先:武生商工会議所 中小企業相談所 TEL:0778-23-2020

※上記補助金に対するお問合せ・ご相談の際は、事前にお電話にてご連絡頂けるとスムーズです。
申請請負(代行)事業所の方のお問合せ・ご相談は、お断りさせていただきますので、ご了承ください。

imghbr

imgtbr


  武生商工会館をご利用ください!

武生商工会館

 

[PR]

e-tax  

おうちで作成!ネットで申告!e-Taxを活用しよう
 

e-Taxへの申告及び申請・届出等の送信可能時間、電子納税の利用可能時間を確認