若狭湾エネルギー研究センターからのお知らせ

(公財)若狭湾エネルギー研究センター 2020年度「科学機器研修」開催のお知らせ

2020年09月02日 15時53分

公益財団法人若狭湾エネルギー研究センターでは、企業の方々が科学機器を利用して課題を解決することをサポートする取組みの一環として、科学機器の活用や取り扱い方法に関する研修を毎年度実施しています。


今年度は、次の5種類の科学機器について、実際に科学機器を利用した技術研修を開催します。

分析・観察したい試料を持参いただければ、それを用いた実習が行えます。

(研修対象の機器や試料によっては分析・観察できないことがあります。)

 

【1】FE-SEM(走査型電子顕微鏡)研修(第1回)

   2020年9月29日(火)9:00~16:30

   *「【6】FE-SEM研修(第2回)」と内容は同一です。

 

【2】EPMA(電子プローブマイクロアナライザー装置)研修(第1回)

   2020年10月13日(火)9:00 ~ 10月14日(水)16:30 <2日間>

   *「【7】EPMA研修(第2回)」と内容は同一です。

 

【3】試料前処理研修(クロスセクション ポリッシャー使用)

   2020年11月10日(火)9:00 ~ 11月11日(水)16:30 <2日間>

 

【4】FT-NMR(フーリエ変換核磁気共鳴装置)研修

     2020年11月17日(火)9:00 ~ 11月18日(水)16:30 <2日間>

 

【5】ICP-MS誘導結合高周波プラズマ質量分析装置研修

   2021年1月13日(水)9:00~16:30

 

【6】FE-SEM(走査型電子顕微鏡)研修(第2回)

   2021年1月19日(火)9:00~16:30

   *「【1】FE-SEM研修(第1回)」と内容は同一です。

 

【7】EPMA(電子プローブマイクロアナライザー装置)研修(第2回)

   2021年2月25日(木)9:00 ~ 2月26日(金)16:30 <2日間>

   *「【2】EPMA研修(第1回)」と内容は同一です。

 

 ◇受講費用は各研修とも¥1,000-

 ◇募集人数は各研修とも5名(先着順)。

 ◇申込み期限は各研修開催日の1週間前です。

 ◇参加申込方法や各機器の特徴、研修内容等の詳細については、

  エネ研ホームページ(http://www.werc.or.jp/training/science/)をご覧ください。

 

《お問合せ先》

公益財団法人若狭湾エネルギー研究センター

企画支援広報部 吉村  電話:0770-24-7273

 

 

imghbr

imgtbr


  武生商工会館をご利用ください!

武生商工会館

 

[PR]

e-tax  

おうちで作成!ネットで申告!e-Taxを活用しよう
 

e-Taxへの申告及び申請・届出等の送信可能時間、電子納税の利用可能時間を確認