小規模事業者持続化補助金(第10回受付分・締切12/9)の公募が開始されました!

お知らせ新型コロナウィルス関連補助金関連

小規模事業者持続化補助金は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取り組みや、業務効率化の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助する制度です。補助額は上限50~200万円(補助率2/3)となっており、第10回受付分の締切は12月9日(金)です。

小規模事業者持続化補助金ホームページ👉小規模事業者持続化補助金(一般型) (jizokukahojokin.info)

【補助金額】

〇補助上限:[通常枠] 50万円

[賃金引上げ枠] 200万円
[卒業枠] 200万円

[後継者支援枠] 200万円
[創業枠] 200 万円

[インボイス枠] 100万円
〇補 助 率:2/3(賃金引上げ枠のうち赤字事業者については3/4)

【申請事例】

・自社の事業内容をPRし販路開拓につなげるホームページ、看板、チラシの作成(様々な業種)
・新たな顧客ニーズに対応する機械設備の導入(設備工事業、造園業、建設業など)
・ファミリー層の来店促進のための店舗改装(飲食店)
・利用しやすい店舗づくりのための取組(食品小売業)

【申請から入金までの流れ】

①書類の作成と提出

②交付決定(申請締切から概ね2か月~3か月後)

③事業実施(実際に機械を買う、看板を設置する、HPを開設する など・・・。)
※②の交付決定前に行った場合は補助金の対象外です※

④事業経費の支払(いったんは、全て支払う必要があります)

⑤実績報告(購入した機械や設置した看板の報告、売上への効果、経費など)

⑥補助金の交付(入金)
※実績報告から補助金の入金までは時間がかかります。

【申請について】

※一般型の申請にあたっては商工会議所の確認が必要になります。当初へ所定様式「経営計画書」および「補助事業計画書」を提出の上、「事業支援計画書」の作成・交付をご依頼ください。
※事業支援計画書の発行には時間がかかる場合があります。受付締切までに余裕を持ってご依頼ください。

【今後の受付締切日について】

<一般型>

第10回受付締切: 2022年12月9日(金)[電子申請もしくは郵送(締切日当日消印有効)]

第11回受付締切: 2023年2月下旬[電子申請もしくは郵送(締切日当日消印有効)]